Namwon city- the city of love namwon

Home > 南原の観光 > 南原の味

南原の味

チュオタン(どじょう汁)

一味 チュオタン(どじょう汁)

智異山には渓谷が多く、そこから流れるきれいな水は、智異山南側の広い平原を豊かにする。南原の人々は、昔から田んぼや水路でどじょうを取って保養食として楽しんだ。南原のきれいで豊かな土壌で育った地場のドジョウで作ったチュオタン(ドジョウ汁)は、南原地域の食堂に供給するのも足りないくらいなので南原でしか味わえない。 南原には、40箇所余りのチュオタン屋がある。人口比例で見ると韓国でチュオタン屋が最も多いところである。

黒豚

二味 黒豚

1970年代までも農家の片隅にある牛小屋では黒い地場の豚がよく見られた。家族が残した食べかすで育てたので成長が遅く体つきも小さいが、家の大きなお祝い事がない限り、食べられない貴重な家畜であった。
しかし、時間が経つにつれ質より量を重視する社会的流れにより、知らず知らず地場の豚は次第に消えていった。幸いにも南原東部山間地域には地場の豚の種子が保存され食べられるお店がある。南原の地場の豚は、脂身が少なく食感がよく、油から香ばしい味がするのが特徴である。

山菜定食

三味 山菜定食

山菜定食とは、白ご飯といろんな種類の山菜をお総菜にした定食である。きれいに洗った三つ葉、セリの芽、オタカラコウにご飯を包んで食べる。シラヤマ菊、ソバナ、ワラビ、サルナシの実、コウタケ、クリタケ、タラの木の芽等は味付けして炒めたり和え、ツルニンジンは味付けしたゴチュジャンを付けて焼いてお総菜として用意し、ご飯、汁、イヌヤクシ草キムチと一緒に楽しむ。南原の山菜定食は、チュオタンよりはあまり知られていないが、全国の美食家がその味に感嘆する郷土料理である。

郷土酒

四味 郷土酒

お酒は料理の半分を占めるほどその比重が大きい。いくらおいしい料理でもお酒がないとその味と楽しさが半減してしまう。南原を代表するお酒としては、ファンジニ酒、ジュモン酒、南原のマッコリ等がある。南原で生産されるほとんどのお酒は、度数がそう高くなく天然材料を原料にしているので、二日酔いがほとんどなく皆負担なく楽しめる。

南原韓菓(ハングァ)

五味 南原韓菓(ハングァ)

韓菓(ハングァ)は、米、小麦粉、種実類を主材料にし、蜜と油等を副材料にして作った韓国伝統菓子類をさす。南原の韓国菓子は、厚みがあり組織の網構造が緻密なのが特徴である。
南原の韓菓メーカは、差別化戦略として韓菓の味を決定付ける水飴に丹精を込め、ハーブ・ヤコン等の地域特産物を活用した韓菓を生産している。

방문자 통계